妊娠線予防で気をつけたいこと いつから始めれば良いの?

妊娠中の女性画像

 

妊娠するとほとんどの方が必ず妊娠線について悩んだりすると思います。初めての妊娠の方はあまり知識が無いので、いったいいつから始めればいいのか分からない方も多いでしょう。

 

あらかじめ妊娠線を作らないように前もってケアしていくのが一番望ましいので、正しい情報や知識を知っておくといいですね。

 

まず妊娠線は個人差がありますが、急激な体重増加により表皮や皮下組織が耐えきれず裂けてしまう現象をいいます。
お腹だけでなく、太ももや膝の裏、お尻、胸なども肉割れという言い方をしたりしますが妊娠線とも言われています。

 

妊娠線のメカニズム
妊娠線の写真

 

だいたいお腹が目立ち始めてくれる頃、5か月位から妊娠線専用のボディクリームやオイルを塗るのが望ましいでしょう。
早ければ早いほど習慣にもなりますし、お肌も保湿が保たれるので妊娠線が出来にくくなります。

 

産む時期によっても多少異なりますが、秋冬にかけてお腹が大きくなる方は特に乾燥しないように保湿を心掛けることが大切です。
暖房に当たり続けていればお肌はすぐに乾いてしまいます。冷えないようにと厚着したり着こんだりしていると衣類の摩擦もありますし、静電気なども起こります。

 

乾燥する時期は朝晩、クリームやオイルを塗り乾燥を遠ざけるようにしたいものですね。

 

また塗る時に、マッサージも一緒に行うと効果的でしょう。血行がよくなるので身体に血が巡ってきます。
冷えは新陳代謝を悪くしますので、お肌のターンオーバーを妨げてしまいます。できるだけ身体を冷やさないようにして寝るようにするといいでしょう。

 

毎日お風呂上がりのリラックスタイムに行う習慣を持つのもいいですね。
妊娠後期になると塗りづらいところもあると思いますので、ご家族や旦那さんに塗ってもらうのもいいですね。

 

ポイント
多くの妊婦さんは安定期を過ぎた頃には、ボディケアを始めていますがほとんどの方はそのせいか妊娠線が出来ないようです。
毎日少しずつでもクリームを塗っていけば跡が残らないといわれていますので気にし過ぎなくてもいいと思います。

 

妊娠時には体調の波があるので、つわりが長引く人は寝込んでしまう場合もあるでしょう。
マタニティブルーになって気分が乗らない時もあると思います。
ケアをやったりやらなかったりとむらがあるとお肌は乾燥してしまい、妊娠線が出来てしまう可能性はあります。

 

どうしても妊娠線を作りたくない人は旦那さんに協力してもらったりして、毎日ケアしていくといいでしょう。
もし万が一妊娠線ができてしまってなかなか消えない場合は、レーザー治療という手段もありますのでその時はその時にまた考えればいいと思います。

 

妊娠中、出来る範囲でケアしていけばほとんど妊娠線はできにくいので、気長に毎日続けていくといいですね。
気にし過ぎるのもストレスになりますので、大丈夫跡は残らないと思いながらクリームを塗るのもいいでしょう。

 

また体重管理も重要となります。三食しっかり食べて、お菓子などの間食もしてしまえば摂取カロリーはオーバーしてしまいます。
適度に歩いたりして体重が増え過ぎないようにしましょう。
過剰に体重が増え過ぎれば妊娠線が出来やすいともいわれていますので、生活習慣も規則正しくすることも大切です。

 

妊娠線予防のクリームをランキングで紹介

ポイント
妊娠線予防用クリームとして、雑誌で取り上げられたり、ネットの口コミで人気の商品をランキングでご紹介します。
(注)順位は管理人による口コミ等の独自の調査により決定いたしました。

AFCの女性100人の声から生まれたストレッチマーク クリーム

1位

 

評価5星

  • 本体価格2800円(税抜) 送料無料!
  • お得な3個セットは7500円(税抜) 送料無料!
  • リラックスアロマの香り
  • 葉酸配合
  • made in Japan
  • 120g
  • 無添加(香料、着色料、鉱物油)

 

AFCマタニティクリームの公式サイトはこちら やじるし AFCマタニティクリーム

 

AFCマタニティクリームについてまとめた記事はこちら

ベルタマザークリーム

2位

 

評価 4.5

  • 初回特別価格500円送料無料
  • 定期購入4,980円税込み(6回の継続が条件)
  • シラノール誘導体配合
  • コエンザイムQ10
  • オーガニック原料
  • 葉酸
  • ビタミン・アミノ酸
  • 美容成分3種類配合
  • 無添加

 

公式サイトやじるし 初回購入500円!!妊活中・妊娠前なら 【ベルタマザークリーム】 商品購入

 

ノコア(NOCOR)出来てしまった妊娠線を消す

3位

 

定期購入で12,960円2本セット 1本150gが2本セット
ノコアクリームは、出産や成長期、ダイエットの時期にできてしまった妊娠線・肉割れ線の
アフターケアを目的として開発されたボディクリームです。

 

従来、妊娠線の予防クリームはたくさんありましたが、ノコアは妊娠線をはじめとする「線ができた後」のボディケアを考えて作られました。

 

予防クリームなど含め、他ボディクリームと比較すると高単価にはなりますが、ノコアは界面活性剤を使用せずに、最新のビタミンC誘導体やBODY3COMPLEXという新しい原料を使用した次世代成分配合のボディクリームとなっているため、成分や品質を重視した内容となっております。

 

妊娠線と同時に肉割れ線、セルライトや出産後の肌のたるみ、黒ずみ、トラブル肌などのケアもできる美容トリートメントクリームです。

 

 

ノコアの公式サイト やじるし 妊娠線・肉割れ・セルライトに「ノコア アフタートリートメントクリーム」 初回商品購入

それでも、出来てしまった妊娠線・正中線を消す方法

ナース画像
妊娠線と正中線のはっきりした違いを知っていますか?
どちらも産後になかなか消えないと正直落ち込んでしまいますよね。
それぞれの違いと消す方法をお教えします。

 

まず妊娠線は、妊娠によって胎児が成長していき、体重増加により皮膚が大きく伸びることによりできます。
出来る部位はお腹を始め、太もも、お尻、膝裏などです。
急激な体重増加であれば、今までにない位に皮膚が引っ張られ伸びてしまうので比較的線が出来やすくなるといえるでしょう。

 

通常は妊娠してお腹が目立ち始める安定期頃からクリームやオイルをこまめに塗っていけばほとんど妊娠線が気にならないといわれています。
妊娠後期になって慌ててボディケアするよりも前もってしておけば予防にもなりますし、産後もすぐに目立たなくなるようです。

 

でも妊娠中はみなそれぞれ身体の変化や体調は違うものです。

 

ケアをしようと前もって準備していてもつわりがひどく長引いたり、体調が不安定でなかなか妊娠線のケアができなかった人も少なくないと思います。
そうすると産後に妊娠線ができてしまい、悩んでいる方も多いと思います。

 

産後に出来てしまった場合でもあきらめずしっかりケアしていくことで消せる可能性はありますので、毎日自分でお手入れするといいでしょう。

 

まず出来てしまった妊娠線には、保湿とお肌を柔らかくすることを心掛けます。
時間がある人は朝晩丁寧にクリームを塗るようにします。とにかく毎日根気よく続けます。

 

そしてクリームやオイル選びも重要となってきます。妊娠線専用のものを必ず使い、お肌のひび割れ、肉割れなどを緩和する成分が入っているものを使います。
一度出来てしまったものは治すのに時間はかかりますが、毎日とにかく塗り続けてマッサージしていくことで段々と薄くなります。

 

しかし数年経っても消えない場合は、最新の医療技術で消したり薄くすることも可能です。

 

お金の余裕があれば美容外科に行って相談するのも一つの手段です。
方法は、レーザーを使ってコラーゲンの再生、真皮や皮下組織の再生を促すやり方です。メスを使わず短時間で出来ます。

 

他にダーマローラーといって、髪の毛よりも細い針を使った専用のローラーによる施術方法があります。

 

これは数百本もある針をお肌の上で転がすことによって、真皮や表皮に無数の傷跡が付きますがお肌の傷を治そうとする自然治癒力が働くやり方です。
元々はニキビ跡やシミ、毛穴の引き締めなどに使われていたものですがここ最近は産後の妊娠線を消す治療に用いられるようになってきました。

 

手術などは最終的な判断として、まずは徹底的に保湿とお肌の柔軟性を心掛けてケアしてみることが大切です。

正中線とは?

妊娠線とよく誤解されるのが正中線です。これはおへその上下にできる茶色の線のことです。
誰にもあるもので胎児の時に起きた細胞分裂の跡なのです。妊娠中はホルモンバランスが変化してお肌の色素沈着が起こります。

 

お肌を強くして、胎児を守るためにできるものですので、ほとんどの人に必ずできます。産後、本来は自然に消えたり、だんだんと目立たなくなって消えていく人が多いのですが、ホルモンバランスが整わなかったりするとなかなか消えないという人もいるようですね。これも個人差はありますので深刻に悩み過ぎない方がいいと思います。

 

やはりケアとしてはクリームやオイルを毎日丁寧に塗っていくといいでしょう。保湿とお肌の柔軟性を保つようにして気長にケアしていくと消えていきますのであきらめずに毎日行うようにするといいですね。

更新履歴