妊娠中に使うものは無添加素材が間違いない

妊娠線画像

妊娠線ってできてしまうと消えないって聞きますよね。妊娠線のせいでビキニも着れなくなって、妊娠線を見るたびにテンションが上がる事はまずないので、本当にやっかいだと思います。

 

妊娠線の予防やできてしまった妊娠線を薄くするためにクリームやオイルがいいと言われていますが、その理由は【妊娠線には保湿が1番】ってところからきているんです。

 

ただやみくもに塗りまくって保湿すればいいという訳ではなく、クリームとオイルを使い分けてもいいです。例えば日中はクリームにして寝る前の入浴後にはオイルを塗るとか色々な方法や使い方があります。

 

クリームと言っても、サラサラタイプが好きな人もいれば、しっとり&ベタベタしないと塗った気がしないという人もいて、自分好みのクリームに巡りあうまで何種類ものクリームを買って試している人が多いみたいですね。

 

「クリームならどんなクリームでも一緒でしょ?」って人も中にはいると思いますが、実はそうではないんですよ。

 

クリームと言っても市販されていていつでも手に入りやすく手ごろな価格のものから、少し値段が張っても上質なものまで価格や性質でもピンキリです。

 

「じゃあ何を買えばいいのか教えてよ」って人の期待に応えようじゃないですか(笑)妊娠線ができ始めるのは妊娠初期と言われていますよね?妊娠初期は免疫機能が落ちやすく、あまり色々な物を使うのはオススメできません。また、皮膚の弱い人にも使えるクリーム…と考えると【無添加のクリームがいい!】って結論になります。

 

無添加のクリームは品質にこだわったものが多く、余計なものが入っていないため子供や妊婦でも使えるほど安全なものです。他のクリームが安全じゃないと言っている訳ではなく、無添加のものを買っておけば失敗はないって事を言いたいだけです(笑)

 

無添加のクリームでも充分な効果を得られると思うので、安心・安全を考えて無添加のクリームを試してみるのもいいんじゃないでしょうか。

妊娠線には無添加のクリームがいいってホント?関連ページ

保湿のやり方
妊娠線予防についてネットで検索しても「保湿は欠かせない」と書いてありますし、病院を受診して専門的な知識を持っているDrや看護師さんに聞いても「保湿が1番!」と言われます。保湿ってそんなに大切なのでしょうか(←まだ信用してない(笑))
マッサージは不可
妊娠線予防にマッサージが効果的って話を耳にした事はありませんか?できることならと言いますか、絶対妊娠線は作りたくないですよね(笑)なにかいい方法はないか探したり聞いてみると、マッサージが効果的というのを知りました。「マッサージってどんな?」と思った人にもわかりやすく説明できたら…と思ったので、参考にして下さい♪
クリームの塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方をわかりやすく解説しようじゃないですか!そもそも「クリームを塗るのに間違った塗り方ってあるの?」って思う人も少なくないかと思うので、これを読んでくれている人にうまく伝わるように頑張ろうと思います。私に付き合って読んで下さい(笑)