妊娠線予防で一番大切なのは保湿ケアです。それでは保湿の仕方について

妊娠中の女性お腹

妊娠線ができる前から妊娠線を予防する方法があったんですね。せっかく妊娠したのに妊娠線に怯えて生活するのも嫌ですが、出来てしまった妊娠線を見て落ち込みたくないのは誰でも一緒でしょう。

 

妊娠線は1度出来てしまうと消えないと言われています。薄くしたり目立たなくさせる方法はあっても、レーザー治療など金銭的に負担になったりするものもあるので、前もって予防できるなら、予防できるうちにしておいた方が得策ですよね。

 

妊娠線予防で保湿が大切と言われても、「具体的にどうしたらいいの?」って人もいますよね?保湿するためにクリームを使う人もいれば、オイルを使う人もいますよね。どちらが効果的なのか考えた事はありましたか?

 

私がわかりやすく説明しますね。まず、クリームは擬乳状と言われる半固形状ですよね。そしてオイルは液状です。「そんなの知ってるって!」なんて言わないで下さい(笑)どちらも保湿効果が得られるので、好みで使ってもいいですよ。

 

なーんてここで終わってしまいそうなので、もっと用途について詳しく話を進めますが、クリームはオイルに比べると匂いがバリエーション豊かだと思います。自分好みの匂いで選んで気分によって使い分けてもいいかと思います。

 

逆にオイルは、皮膚の水分を閉じ込める働きをしてくれるので、しっとりが持続します。

 

化粧品を買いに行った時に「乾燥肌には絶対オイルです!」と色々なところで言われた記憶がある私の場合は、部位によってクリームとオイルを使い分けているんですが、頑固な妊娠線予防にはクリームとオイルのW使いがいいんじゃないでしょうか。決して欲張りではないと思います。

 

クリームで広範囲をマッサージしながら、オイルで上から膜を張るような、バリアのような感覚で使うのがいいと思います。

 

ベタつくのが苦手って人も、塗ったあとサラサラになるオイルも売られているので、出産経験のある人に聞いてみて口コミを集めたり、自分で色々試してみて、自分に合った自分好みの保湿グッズを見つけて下さいね。

妊娠線予防で一番大切なのは保湿ケア!関連ページ

マッサージは不可
妊娠線予防にマッサージが効果的って話を耳にした事はありませんか?できることならと言いますか、絶対妊娠線は作りたくないですよね(笑)なにかいい方法はないか探したり聞いてみると、マッサージが効果的というのを知りました。「マッサージってどんな?」と思った人にもわかりやすく説明できたら…と思ったので、参考にして下さい♪
無添加のクリームを使おう
今回は妊娠線に無添加のクリームがいいのかって話で進めていこうと思っています。「無添加のクリームに越した事はないじゃん!」なんてまだ言わないで下さい。話が終わってしまうじゃないですか(笑)
クリームの塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方をわかりやすく解説しようじゃないですか!そもそも「クリームを塗るのに間違った塗り方ってあるの?」って思う人も少なくないかと思うので、これを読んでくれている人にうまく伝わるように頑張ろうと思います。私に付き合って読んで下さい(笑)