妊娠線が出来るできないは体質によるものが大きいのでしょうか?

悩む女性

妊娠するとできる妊娠線は、多くの女性の悩みの種になっています。自分の母親や、出産経験のある友達と話をした時に「妊娠線は1度できたら消えないんだよね」って聞いた事があります。私も妊娠したらできてしまうのではないか今から気にすると少し不安になってしまいます。

 

母親は「いい歳だから気にしたってどうしようもない」と言っていましたが、私世代は「まだ諦めたくない!」と思ってしまいます。そのやっかいな妊娠線に体質が影響しているとしたら、解決策ってあるのでしょうか。

 

まず、妊娠線のできやすい体質を箇条書きで挙げてみましょう。
●皮下脂肪の多い人(筋肉がない人)
●皮膚に柔軟性がなく、伸びにくい人
●妊娠によって体重増加が著しい人
●乾燥肌の人              などなど。

 

どうですか?当てはまりました?となると、次はどうしたらいいのかの解決策が気になりますよね?

 

解決策はというと、この体質を改善すればいいという結論になります。いや、まだここでは終わりませんよ!具体的にいきましょう

 

●皮下脂肪の多い人(筋肉がない人)についてですが、皮下脂肪を減らすよう努力するのが1番です。努力と言っても色々方法はあると思いますが、【摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やす】のがいいんですよね。
●皮膚に柔軟性がない人は、日頃のマッサージが欠かせません。
●妊娠による体重増加が著しい人は、Drからも言われると思いますが、食生活の改善ですね。妊娠中に太りすぎてしまうといい事はなにもありませんからね。
●乾燥肌の人は、保湿を重点的に行いましょう。様々な種類の保湿クリームやオイルが市販されているので、うまく使いわけたり併用するのがオススメです。

 

結論は、体質のせいにしないで諦めない事と、継続した努力によって妊娠線は防げると言う事になります。1日でどうこうなる話ではないので、毎日少しずつ継続する事が実を結ぶ結果になると思いますよ。私も筋肉がないって項目に当てはまるので、今から腹筋と適度な運動を心がけるようにしたいと思いました^^

妊娠線が出来ない人は体質なんでしょうか?関連ページ

ズバリ原因とは
一言で妊娠線って言われても、妊娠前の女性はほとんどと言っていいほど考えないと思います。えっ?私だけじゃないですよね?(笑)妊娠がきっかけで妊娠線について知ったり、実際に妊娠線がどんなものか目の当たりにする人も少なくないはずです。妊娠線ができてしまうメカニズムを今から知っておくと、いざと言う時に何かしら対処ができるのではないでしょうか。
妊娠線が出来る時期
妊娠線ができる時期って決まっているのでしょうか。「妊娠線できないかな〜」なんて言う人はいないと思いますから、言葉を変えると【妊娠線ができる時期がわかれば予防策も色々考えられる】って事になりますよね。あなたの代わりに私が少し調べてみたので、その結果をここに報告したいと思います。参考になるかどうかは、あなたの読み方次第です(笑)
妊娠線と肥満
妊娠線と肥満ってどう違うの?って話をして行こうと思います。妊娠=デブって事にはなりませんし、妊娠=必ず妊娠線ができるとも言い切れません。妊娠すると必ず肥満になる訳でもないです。じゃあ、妊娠線と検索したら肥満ってワードがヒットするのはなぜなんでしょうか。